グレーゾーン金利

グレーゾーン金利について
法律で2種類の制限金利が定められていることをご存知でしょうか?

1つは出資法に定められた上限金利で一律29.2パーセントというものがあります。

貸金業者がこの金利を超えた貸付けを行った場合には、懲役刑を含む刑事罰など様々なペナルティーがあります。

ですのでこの金利を越えてお金を貸し付ける事はまずありません。

この制限金利を越えて貸付けを行う業者はいわゆる闇金と呼ばれているような業者です。

もう一つの制限には利息制限法によって定められた上限金利です。
例えば20万円を借りる場合の上限金利は18パーセントとされています。

しかし利息制限法には例外があり借主が上限金利以上の利息を、任意に支払った場合、貸主は上限金利を越えて金利を受け取ってもいいことになっています。

つまり貸金業者としては借主が支払ってくれさえすれば出資法限度の金利29.52パーセントまでは利息を取ることができるのです。

この利息制限法の上限金利を超えるが、出資法の上限金利は超えないと言う範囲に設定された金利をグレーゾーン金利といいます。

しかしそもそも借主が高い金利を任意に支払うということが言えるのでしょうか?

実際にはお金を借りる人は高い金利でしか貸してもらえないから、仕方なく高い金利で契約をして借りています。という事はグレーゾーンの高い金利を受け取っている貸金業者は人であるということを理由に本来受け取ってはいけない利息を受け取っているということになります。

そこで払い過ぎた今には利息制限法の上限金利に行き直して計算しその結果借金が残っていないばかりか、逆に払い過ぎている場合もありその場合には、貸金業者から取り返すことができるということが裁判例で認められています。

これが過払い金の返還請求と言われるものです。

このグレーゾーン金利ですが法改正によって近い将来、2種類の金利が統一されることになっています従ってグレーゾーン金利は今後なくなることになります。

そのため、多くの貸金業者が利息制限法以下の金利に下げるように、契約内容を変えてきています。
最もこれで多重債務者がいなくなるわけではありません

クレジットカード入門

クレジットカード入門

どうして後払いができるの?
支払い可能見込み額調査は月賦販売法により、信用購入あっせん(翌月一括払い除く)の取引の審査にあたり、クレジット外車の義務になっています。

どうして(後払い)ができるの?

ええ?クレジットカードが欲しい?

うん。僕ももう20歳だし、学校の友達も結構カード持ってる奴が多いんだよ。
アルバイト代で払える範囲で使えば、別に問題はないでしょう?
簡単に言うけれど、クレジットカードがどういうものだかわかっているの?
いやー、カードは欲しいんだけど仕組みとかよくわからないんだああ実際のところね。

そうだ!お母さん教えてよ。

だってお母さん、クレジットカードを2~3枚持っていたじゃない!
それなら、お母さんだって知ってるよね?

そ、そう言う事は・・・

あれ、ひょっとしてわかってないの?

まぁ、失礼ね!知ってるわよ、クレジットカードの事くらい!
ただ、あんたにわかりやすく説明するのが難しいだけよ。

えー、ホントかなぁ?

そういう相談ならは私に任せなさい。

あら、誰の声かしら?

私は、クレジット博士。
クレジットのことなら何でも知っておるぞー。ハハハ。

へー、そんな博士がいたんだ。じゃあ博士、クレジットカードの仕組みを教えてください。

うん、よろしい、では基本中の基本から説明するとしようかな。
例えば、君があるお店から商品を買うとしよう。

ちょうど新しい服が欲しかったんだ。

先に商品を受け取ったが、その場ではお金を払わず、クレジットカードを使って後払いにしてもらった。実はこのとき、君とお店だけではなく、別の登場人物があるんじゃ。

笑?誰?

それは、「クレジット会社」じゃ。
このクレジット会社が、商品の代金を、君に代わってお店に立て替えてくれるのじゃ。
後日、君は、商品の代金のお店ではなく立て替えてくれたクレジット会社に支払う。
クレジットカードの仕組みを簡単に説明すると、ざっと、このような流れになるんじゃよ。

博士、よくわかったよー。早くカードを持って、バンバン使うぞー。

ちょっと待ちなさい!

あれお母さん、。

博士!この子は簡単に考えすぎなんです。
クレジットカード会社が、どうしてお金を立て替えてくれるのか。
どういう人が、クレジットカード思ってるのか。そこを説明してやって下さい!

はい、お母さんの言う通り、そこが重要なんじゃ。
クレジットカードは、申し込みさえすれば、誰にでも発行されるものでは無い。
法律に基づいた審査が行われ、これにパスしなければ、クレジットカードを持つことができないのです。

審査?申し込めば誰でもすぐもらえるものかと思ってたのになぁ。

ところで、この審査というのは皆さんがいくらまでなら支払えるかどうか、その人の「審査」を確認するためのものです。

皆さんも、近所の顔なじみのお店なら、付けで買い物ができるでしょう?
あるいは、財布を忘れたときに「次に来た時でいいですよ」と言ってもらえることもあるでしょう?

これは、この人ならば「後でちゃんと払ってもらえる」と、お店から信用してもらっているからなのです。

そうかそれと同じことなんですね。

あなたは本当にクレジットカード持てるの?

そう言われるとちょっと不安だなぁ。博士、クレジット会社はどういう審査をするの?

おさらいします。
クレジットカードとは代金後払いのシステムを、利用可能枠の範囲で、繰り返し、継続して利用することのできるものであり、消費者の信用に応じて発行されるカードだと言えるのです。お分かりいただけますか?

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261
闇金融返済 弁護士に相談